差し押さえ変更プログラム

オバマ政権は5月18日に Making Homes Affordable (MHA) プログラムの追加として差し押さえ変更プログラム(Foreclosure Alternatives Program )を発表しました。
 
Foreclosure Alternatives Program (FAP) はMHAの恩恵を受けるには状態が悪すぎる借り手を対象としたプログラムで、基本的にはショート・セールとディード・イン・リュウ(差し押さえを行わない代わりに、借り手が法的処理などを抜きで家の権利を銀行に引き渡す行為)の二つを対象としています。差し押さえを避けることで、銀行は余計なコストを掛けずに物件を入手でき、借り手は差し押さえを避けることでクレジット・スコアへの悪影響を減らすことが出来る筈です。
 
FAP はショート・セールとディード・イン・リュウのプロセスを簡略化することにより、今より短い期間でショート・セールを成立させ、手間が掛かる書類手続きなどを全国統一するとのことです。現在ショート・セールにオファーを書くと、銀行の回答を2~3ヶ月待つことになりますが、国よりインセンティブが支給されるので、回答がより早く、回答の透明性を寄り高くするのを目標としています。
 
まだ詳細が出ていないので、一体どうなるのかはわからないことのほうが多いですが、数ヶ月後にはショート・セールの売買がもっとスムーズに早く済むようになるみたいです。唯、現在既にショート・セールされている物件には多分影響は無いでしょうが…。
 
  
広告
カテゴリー: Real Estate パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中