初めての住宅購入者クレジット–締め切り迫る

南カルフォルニアの不動産中央値はどうやら底打ちしたみたいです。少なくとも低価格帯の物件は以前ブログした見たく、底打ちしてあがり始めている傾向があります。ロサンゼルス・タイムズの記事によると、ロサンゼルス郡の2009年6月の中央値は前月の五月に比べると6.4%上昇しています。傾向的にはここ数ヶ月は上がる傾向でしょう。
 
さて、今回家を買うタイミングの一つの理由に$8,000の「初めての住宅購入者タックス・クレジット」がありますが、そろそろ家を探し始めないとこのクレジットは受けられなくなります。このクレジットを受け取るには2009年11月30日までに住宅を購入していないといけません。ということはエスクローをクローズして、その家を保有していないといけない事になります。エスクローは平均で2ヶ月くらい掛かるので、エスクロー開始は2009年10月1日近辺、物件を探すのに平均で2ヶ月掛かるので2009年8月1日までに家探しを始めていないとクレジットを受けるのは難しくなるでしょう。と言うことはここ二週間位で家探しを本格化しないと、時間切れになる恐れがあります。
 
経済状態を見ると、まだまだ不況脱出は先の気配がします。今週から始まった2009年第二四半期の企業報告は最初のGoldman Sachs と JP Morgan Chaseは非常に良かったのですが、週後半のBank of America, Google, と Mattel社の報告は売り上げの落ち込みが続いていると言う悪い方向でした。景気が良くなり始まらないと改善しない失業率もカルフォルニア州で11.6%を記録し、住宅差し押さえも今後増加する見込みです。これらの要因で中高価格帯の物件はまだ下がる可能性がありますが、サブプライムの影響が大きかった低価格帯の家はもうこれ以上下がらないと思われます。
 
広告
カテゴリー: Real Estate パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中