良い学校区に付いて

お子様がいる方で住宅を探している方には「良い学校区」と言うのが「安全な地区」と同じくらい重要なことかと思います。基本的に物件の値段もこの二つの条件を見たしているところは値段が高めです。ロサンジェルス郡の公立学校だと、基本的に住んでいるところによって行く学校が決まりますので、住む地域が通う学校の決め手になります。公立校にも「普通の公立校」と少し特殊な「チャーター・スクール(Charter School)」と「マグネット・スクール(Magnet School)」等があります。Charter/Magnet Schoolは通常「優秀学校」の筈ですが、必ずともそうとは限りません。Charter/Magnet Schoolの学校の制度にもよりますが、その地域に住んでいれば通える場合がありますが、基本的には入試制度を通過しないと通えない学校と考えて問題ないと思います。
 
良い学校はどう見分けるの?と言う質問が浮かぶと思いますが、http://jamesmakishima.com/jusefullinks.aspx の一番上の カルフォルニア州 学校レーティング をクリックすれば、10点満点方で全ての公立校に付けられている点数が見れます。
 
さて、何故「良い学校」が重要かというと基本的には「良い教育が得られるため」と「良い大学に入るため」の近年ではどちらかと言うと後者の「良い大学に入るため」のが重要でしょう。良い大学に入るには「良い高校」に通っているほうが、「悪い高校」に通っているより確率が高いでしょう。簡単に言うと「10点満点の高校に入る」事が一番大事かと思います。と言うことは「良い小学校、中学校に通う必要は無いのか?」と繋がると思いますが、例えばロサンゼルスダウンタウン南の点数が低い学校で「0~1点の小中学校」に通っていて、行きなり「10点満点の高校」に行っても勉強のレベルが極端に違うので、多分勉強に付いていけないでしょう。と言うことで小中高校を通して、出来るだけ優秀(高い得点)な学校に通えることが重要になると思います。上記のリンクにクリックし、Los Angeles County(Orange Countyでも良い)の「10点満点だけの学校を見せよ」と言う指定をすれば、良い教育が得られる学校とその地域が見れます。
 
不動産をやっている中、「ロサンゼルス郡の良い学校区」と聞かれるとSan Marino, Cerritos, Palos Verdes, Manhattan Beach, Agoura, Calabasas, Arcadia, Diamond Bar、La Crescenta, Walnut, South Pasadena と El Segundo が思いつきます。この区域はどれも10点満点の小中高校がある区域です。
 
日本語学校やマーケットもあり、日本語で生活が出来る地域と絞られるとPalos Verdes と Manhattan Beach、あと高校が9点になりますがTorrance, Redondo Beachもあります。日本語生活は基本的にTorranceにある日系コミュニティーにサポートされているところが多く、それ以外の市は基本的にTorranceの隣接している市でTorranceの恩恵を受けている部分が大です。
 
今日、このブログを書くことを思い立ったのは Los Angeles Magazine の Best High Schools 2008:Public の記事を見たからです。ここをクリックすればその記事が見れます。
 
広告
カテゴリー: Real Estate パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中