初めての住宅購入者クレジット延長及び住宅購入者クレジット拡張される

米国国会下院が上院に続いてたった今「初めての住宅購入者タックスクレジット」を延長する法案を可決しました。後はオバマ大統領のサインがもらえれば法案となります。
 
基本的には2010年4月30日まで延長され、4月30日時点で購入契約が締結されていれば売買完了まで更に60日間の猶予が与えられます。タックス・クレジットは購入価格の10%で、で上限$8,000です。住宅価格が高い南カルフォルニアの場合は基本的に$8,000もらえると考えてもらって良いでしょう。収入制限は個人納税している場合は年間収入$125,000(今までは$150,000)まで上げられて、夫婦で納税している場合は$225,000まで(以前は$150,000)上げられ、それ以上の収入の場合はクレジットが収入によって減額されます。
 
今回法案が拡張されているの既存の住宅保有者も現在の住宅を保有していてそこに五年間住んでいれば上限$6,500までのタックス・クレジットが貰えます。収入制限などは上と同じです。
 
ただし、どちらのクレジットも住宅値段最高$800,000までに限られているので、$1,000,000の住宅を買った場合はタックス・クレジットは出ないはずです。
 
速報までに。
 
広告
カテゴリー: Real Estate パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中